養育費とは

養育費とは、未成熟の子が経済的に自立するまで(通常成人に達するまで)、子供を育てていくために必要なすべての費用をいいます。

衣食住費、医療費、教育費、娯楽費、保険料などが養育費に該当します。


親は離婚をしても未成熟の子を養う義務があり、自分と同じ水準の生活を保障する義務、いわゆる「生活保持義務」があります。
ですので、養育費は父母の収入に余裕があれば払えばいいというものではないんですね。

離婚原因がどちらにあるとか、どちらが悪いとか、また親権がどちらにあるとかにも関係なく双方が経済力に応じて分担します。


具体的には、どちらが、いくら(支払い金額)、いつまで(支払い期間)、誰の口座にいつ振り込むか(支払い方法)を夫婦で話し合って決めます。



長文お読みいただき、ありがとうございます。
参考になりましたら、”ポチッ”とお願いします。
  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ


[養育費] ブログ村キーワード

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。