裁判離婚

協議離婚が成立しない場合、最終的には裁判離婚ということになるかと思いますが、いきなり訴訟を提起することはできません。

『調停前置主義』といって、家庭裁判所で離婚調停の手続きを経る必要があります。
調停でも夫婦お互いの合意ができす不調に終わった場合に訴訟を提起することができます。

裁判離婚をする場合は、協議離婚と異なり、民法第770条1項で定められた以下の5つの離婚原因が必要となります。

1.配偶者に不貞な行為があったとき
2.配偶者から悪意で遺棄されたとき
3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
4.配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき
5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき



[裁判離婚] ブログ村キーワード

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。