子供の面接交渉権

面接交渉についてどこまで具体的に定めておくかは当事者の事情にも異なります。離婚協議書に具体的に記載したいと言う場合もあるかと思います。


面接交渉に関して具体的な記載も可能ですが、その場合においてどこまで具体的な記載をするかは、子供の福祉にかなうよう慎重な配慮が必要です。

そしてこれが最も大切なことですが、親と子供の利益が対立するときは子供の利益が優先されます。


養育費とも関連しますが、「子供と面会できなければ養育費を支払わない」というのは認められないとされています。



長文お読みいただき、ありがとうございます。
参考になりましたら、”ポチッ”とお願いします。
  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ


[面接交渉] ブログ村キーワード

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。