合同会社 配当

株式会社の場合、利益配当は出資者の出資額により決定されますが、合同会社では、必ずしも出資割合に応じて配当をする必要はありません。

出資金は少なくても、その人が持っているノウハウ、技術などで会社の利益に貢献している場合には、定款で利益配分の割合を自由に決めることができます。

定款を変更する際にも、原則として、出資割合には関係がなく、社員全員の同意が必要です。

この点などから、合同会社は、人的要素を重視した、いわゆる、「人」が中心の会社といわれています。

合同会社の最大の特徴である『定款自治』と呼ばれているメリットと言えますね。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。