合同会社 設立費用

合同会社設立登記の際に必要となる登録免許税が、小資本の場合は6万円で済みます。

株式会社の場合、会社設立時の登録免許税は最低でも15万円であることと比較すると、かなり会社設立にかかるコストを抑えることができますね。

また、合同会社は設立に当たり、最初に作成する定款(原始定款)は、公証役場での公証人の定款認証は不要です。

したがって、株式会社を設立する場合にかかる定款認証手数料の5万円は必要ありません。

つまり、合同会社の設立費用(実費)は、6万円ということになりますね。
(電子定款利用の場合)

登録免許税や定款認証が不要という点などから、会社設立費用が節約できると言えますね。


 

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。