合同会社 社員

合同会社では、出資者のことを「社員」といい、社員は1人から設立することができます。

そして、原則として、社員が事業経営に参加します。

つまり、原則、『所有』と『経営』は一致しています。

ただし、定款において、業務を執行する社員(「業務執行社員」といいます)と出資のみを行う社員、すなわち、業務を執行しない社員とを定めることができます。

さらに、『業務執行社員』の中から、合同会社を代表する社員、『代表社員』を定めることもできます。

この業務執行社員に任期はありません。

したがって、株式会社のように取締役などの役員の任期満了時に役員変更登記をする必要がありません。

「社員」という言い方といい、この点においては、旧の有限会社に似ていますね。

合同会社の場合、会社法で任期の規定はありませんが、任期を定款で定めることはできますよ。

 

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。