合同会社 有限責任

合同会社は、出資者である社員全員が有限責任社員です。

つまり、会社が負債を抱えて倒産した場合、債権者に対して合同会社の出資者である社員は、自分が出資した出資額以上の責任を負う必要はありません。

合同会社と同じ持分会社である「合名会社」や「合資会社」が、全員または一部の者が会社が抱えた負債に対してすべての責任を負わなければならない『無限責任社員』であるのに対し、合同会社は全員が『有限責任社員』です。

この点が、同じ持分会社である「合名会社」「合資会社」と大きく異なるところですね。


 

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。