会社法改正 ポイント 有限会社廃止

新会社法の施行により、有限会社の会社形態は廃止され、これからは新しく有限会社を作ることはできなくなりました。

有限会社は、少人数・小資本の会社を設立したい方のために、株式会社ほど厳しい規定を設けない簡易な会社形態でした。

ですが、今回の改正で、先に述べたように、最低資本金規制が廃止され、また、取締役の人数が緩和されたことなどにより、有限会社と株式会社を統合し、株式会社に一本化されました。

有限会社は新しく作ることはできなくなりましたが、株式譲渡制限会社では、従来の有限会社のような簡易な会社形態を作ることも可能です。

なお、現在存在する有限会社は、「特例有限会社」として引き続き存在することができます。

ただし、会社法上は、有限会社という商号を使用した「株式会社」になります。

例えば、有限会社でも法律上は株式会社ですから、「社員総会」ではなく、「株主総会」となりますよ。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。