会社法改正 ポイント 最低資本金制度廃止

最低資本金制度が廃止されました。

会社を設立する起業家で、この改正の恩恵を受ける方は多いのではないでしょうか。

この改正のおかげで、一番会社が設立しやすくなったといえますね。

従来は、株式会社を設立するのに、資本金が1,000万円(有限会社の場合は300万円)以上必要でしたが、これからは資本金が1円でも株式会社が作れるようになりました。
(1円といっても、公証人手数料や登録免許税などの実費はかかります。)

新「会社法」の施行前でも、2003年から始まった制度である最低資本金特例として、「1円会社」と呼ばれている資本金1円から設立できる「確認株式会社」・「確認有限会社」の制度がありましたが、これはあくまでも特例です。

しかし、この確認会社の制度は、すべての人が利用できるわけではなく、個人事業主は除外されているなど一定の条件にあてはまる方しか利用できませんでした。

さらに、確認会社は設立後5年以内に増資して組織変更するか、あるいは解散するかという規則がありましたが、新会社法ではこのような増資する義務はありません。

ですので、人の要件もなく、期間の制限もなく、資本金が1円から会社を設立することができるようになりました。


 

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。