会社法とは

平成18年5月1日、会社法が施行されました。

いわゆる、『新会社法』といわれている法律です。

では、新「会社法」といわれているので、旧の会社法があったかというと、実は今まで、「会社法」という名前の法令は存在していないですね。

これまでは会社に関する規定は、商法第2編、有限会社法、商法特例法(株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律)などいくつかの法律によって定められていました。

この新「会社法」は、商法第2編、有限会社法、商法特例法などの各規定について、一つの法律としてまとめ、編成・統一したものです。

会社の設立や運営などの規定を定めた法律です。

この新「会社法」では、『起業の促進』という点などから、会社設立の手続きの煩雑さが大きく緩和され、株式会社が従来に比べて簡単に設立できるようになりました。

さらに、この会社法では、【合同会社】という新しい会社形態も新設されました。

今まで、資金的なことなどがネックとなって、会社設立や独立・起業を躊躇している人たちを、法律を改正して支援しているわけですね。


 

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。